導引養生功・埼玉協会

導引養生功は心身とも若さと美しさを保つ健康気功です

外部リンク 本部ホームページ             、 
導引養生功日本総本部           、   
         
ご案内

会長あいさつ

心身の健康、長寿、そして喜びの輪(和)を


 埼玉協会 会長 神田 廣美

導引養生功は中国北京体育大学、張廣徳老師によって創られた、中国を代表する健康気功です。一言でいうと気(生命のエネルギー)の流れをコントロールする方法です。経絡の流れを促す腕の捻りや穴(ツボ)の刺激などを取り入れ、体の自然治癒力を高めます。動作、呼吸、意念が一体となって気を導き、健康の保持と病気の予防、治癒を目的とした健康法です。
 埼玉協会は従来から「廣美会」の名で親しまれていましたが、現在は「導引養生功日本総本部」(会長 張玉松老師)の所属団体として、埼玉地区を中心に、功法の普及、技術の向上に努めています。会員は400名を超え、約50の教室で活動をおこなっています。
若者から高齢者まで、誰でも無理なくできる健康法です。いつまでも若々しく、健康で長生きしたいものです。運動が苦手だと思っていらしゃる方、何か体に良いことを始めたいと考えていらしゃる方、一度教室をのぞいてみませんか。なごやかな交流を通じて、喜びの輪(和)を広げています。




埼玉協会 役員 
( 平成29・30年度 )

役職 名前
会長 神田 廣美 ( 日本総本部 副会長 )
副会長 松本とし子 鈴木郁夫                                          
 功法推進員 松本とし子 鈴木郁夫 中嶌美恵子 
庶務 高橋典子 樋口京子 織田愛子 宮本喜美子 岡安美津代 
塚本幸子 吉野知恵子
 三浦ヨシ子
広報  宮澤孝子 春次ナナ子 池上武紘 榎本大助 田村福代 
武井不美子
 物品  鈴木郁夫
 会計 城美子 岩井久江
 監査 池田大三 小泉治子
 会員数
(埼玉協会)
 361名 (平成 30年 5月 29日 現在)



埼玉協会のあゆみ

年 月
1993年
4月
導引養生功創始者 張廣徳老師より「廣美導引養生功協会」の名称を授かる
1993年
8月 5日
春日部市民体育館にて、張廣徳老師を講師に迎え講習会を開催。九九還童功
1995年
5月27、28日
国立女性教育会館(嵐山町)にて第1回合宿講習会を開催。四十九式
 1995年
9月 3日
廣美導引養生功協会発足総会を開催(幸松地区公民館にて)
 1995年
10月28日
春日部福祉センターにて、官有謀先生を招き第1回の官足法講習会を開催。 
 1995年
12月10日
 幸松地区公民館にて、張玉松老師を講師に迎え第1回目の講習会を開催。
 1996年
 2月 9日
岩槻市槻の森体育館にて、張廣徳老師を講師に迎え講習会を開催。
 和胃健脾功 
 1997年
 3月29日
 導引養生功日本総本部設立記念大会が駒沢体育館で開催される。
 2002年 4月27日~5月2日  中国五台山、北京研修旅行を開催。
 2004年
 5月10日
 岩槻市槻の森体育館にて、張廣徳老師を講師に迎え講習会を開催。 
 舒心平血功導引術
 2004年
6月26~30日
導引養生功30周年記念大会の旅・記念大会 中国唐山 
 2004年
10月29、30日
 導引養生功30周年記念大会 箱根プリンスホテルほか
 2006年
 4月 1日
 総本部加盟団体名称の統一化に伴い正式名称を『埼玉導引養生功協会』に改める
2007年
 11月24日
 
 ソニックシティにて本部10周年記念交流大会を主管団体として開催
 2009年
 5月17日
 埼玉協会第1回ふれあい表演交流大会を正風館で開催
 2010年
 12月19日
 埼玉協会から分離し、新たに「埼玉岩槻協会」が発足
 2012年
 11月30日
 健身気功日本総本部設立大会開催 (亀戸カメリアルプラザ)
 2013年
 5月11,12日
 嵐山合宿講習会(深山先生をお招きして)
 2013年
 6月1日
 第1回健身気功全国交流会
(埼玉協会主管にて、春日部市民文化会館で実施)
 2015年
 5月2日
 春日部ふれあいキューブにて埼玉導引養生功20周年のつどいを開催
 2017年
 11月 1日
 第18回全国交流大会(日本総本部設立20周年記念大会)
当協会の鈴木副会長の司会でスムーズに進行しました。埼玉協会は
団体表演で赤黄のTシャツで二十の人文字を描き、団結力を示しました。
 2018年
 4月14、15日
 第14回、国際導引養生功大会(北京)に埼玉協会から8名参加、
(総本部から総勢14名)個人競技、団体競技で優秀な成績をあげました。